公演案内

音楽 主催

いばらきオペラ亭Vol.40

※終了しました

【振替】蝶々夫人

これであなたもオペラ通!初めての方も楽しめる、解説つきコンサート♪

2022年02月23日 (水・祝) 14:00開演 / 13:30開場

チケット取扱
  • インターネット
  • 電話
  • 窓口
  • ローソンチケット

※本公演は2021年6月12日開催予定だった公演の振替公演です。
6月12日公演のチケットをお持ちの方は、そのままご利用いただけます。
大切に保管していただき、公演日にお持ちください。

会 場 茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)センターホール
チケット
購入・予約

全席指定

1,800円

※茨木市観光協会、茨木市勤労者互助会、OSAKAメセナカード各会員は10%引き(割引は本人のみ。この取り扱いは財団窓口のみ。)
※就学前のお子様はご遠慮ください。

再販売開始:2021年11月22日(月)

発売初日はweb及び電話の予約受付のみです。
窓口での取り扱い(お支払い及びお引き取り)は翌日からです。

お問い合わせ (公財)茨木市文化振興財団 TEL 072-625-3055
プレイガイド

ローソンチケット Lコード:52418
※ローソンの取り扱いチケットは、ローソン・ミニストップ各店舗で直接購入できます。 ≫詳細はこちら

 

プログラム

G.プッチーニ《蝶々夫人》

出演

梨谷桃子蝶々夫人:梨谷桃子

矢野勇志ピンカートン:矢野勇志

池田真己シャープレス・ナビゲーター:池田真己

西村薫スズキ:西村 薫

島袋羊太ゴロー:しまふく羊太

大﨑友美ケイト:大﨑友美

中谷友香ピアノ:中谷友香

※都合により、出演者、演奏曲目等に変更のある場合がございます。予めご了承ください。

あらすじ

【第1幕】

明治時代の長崎。日本滞在中、現地妻を娶(めと)ろうというアメリカ海軍士官ピンカートンは、仲介人ゴローに案内され、新居にやってくる。結婚も家もいつでも契約破棄できると豪語するピンカートン。結婚を心待ちにしている花嫁を知るアメリカ総領事シャープレスは、ピンカートンの軽薄さを心配し、忠告する。花嫁行列がやってきて、美しい花嫁、蝶々さんが現れる。「私は世界一幸せ」と嬉しそうに語る蝶々さんは15歳。裕福な武家の生まれだが父が切腹して亡くなり、今は芸者として生きている。結婚式が慎ましやかに行われている最中、叔父の僧侶ボンゾが現われ、キリスト教に改宗した蝶々さんに絶縁を言い渡し、驚いた親族達も蝶々さんに罵声を浴びせながらその場を去る。悲しむ蝶々さんをピンカートンは優しく慰め、二人は甘い初夜を迎える。

【第2幕】

ピンカートンがアメリカに帰国して三年。「駒鳥が巣を作る頃に帰る」との言葉を信じる蝶々さんは、彼の帰りを待ち続けている。シャープレスとゴローは裕福なヤマドリとの再婚を勧めるが蝶々さんは断る。なぜなら、ピンカートンとの間に子供が生まれていたのだ。帰国後ピンカートンがアメリカで本当の結婚をしたことを知るシャープレスは言葉もない。そこに、ついにピンカートンの船が入港。蝶々さんとスズキは大喜びし、部屋を花で満たして彼の到着を待つ。しかし彼はすぐには現れず、ついに夜が更けてしまう。

【第3幕】

夜明け、スズキの勧めで蝶々さんが奥の部屋で休んでいると、ピンカートン、シャープレス、そしてピンカートンの妻ケイトが訪れる。スズキの応対で蝶々さんの想いを知ったピンカートンは、堪らず立ち去る。目覚めた蝶々さんはケイトを見てすべてを悟り、子供をアメリカで育てたいというケイトの言葉を受け入れる。ひとりになった蝶々さんは、父の形見の短刀に刻まれた言葉「名誉をもって生きられないものは名誉をもって死ぬ」ことを決意し、子供に別れを告げ、自害する。「蝶々さん!」と叫ぶピンカートンの声がむなしく響く。


主催・お問合せ
(公財)茨木市文化振興財団 TEL 072-625-3055
茨木市音楽芸術協会

後援
茨木商工会議所 茨木市観光協会

Scroll Up