• 公演案内
  • チケット購入について
  • イベントカレンダー
  • 施設案内
  • アクセス・マップ
  • 座席表
  • 財団概要
公演案内
~リスト音楽院の在学生が贈る~2台ピアノによるピアノ協奏曲の夕べ
究極の合唱シリーズ「男前カンツォーネ&ベッピン女声合唱」
立命館大学交響楽団 サマーコンサート2018
やってみる演劇 何か始めてみたい人のための体験講座【脚本編】
森が音楽会
新内の楽しみ3~浄瑠璃と三味線が綴る、二つの愛の物語~
いばらきオペラ亭Vol.31《椿姫》
第9回クオリア音楽コンクール
第227回公演/クオリア エキサイティング クラシックコンサート
やってみる演劇 何か始めてみたい人のための体験講座【俳優編】
バリアフリーコンサート~相棒、それはすてきな仲間たち~Vol.36
「国際音楽の日」の集い
第228回公演/幸福な王子~The Happy Prince
話題の映画@茨木「わたしは、ダニエル・ブレイク」
茨木市音楽芸術協会あっちこっちコンサート テンピースブラス~英国式金管楽器10重奏の響き~
災害シミュレーション・避難訓練コンサート
茨木市 市制施行70周年記念事業/第229回公演/新作狂言「茨木童子2018」改訂台本版
第230回公演/火曜日の音楽サロンVol.39 ダニエル・シュー ピアノ・リサイタル
上海太郎の日常をちょっと楽しくするパントマイム入門ワークショップ~ポーズが絵になる人ね!って言われちゃお♪~
やしょめ 秋の茨木コンサート~和楽器が紡ぐ茨木童子の物語~
霜月の鼓星(オリオン)~びんか結成6年のあゆみ~
第231回公演/火曜日の音楽サロンVol.40 小林沙羅 ソプラノ・リサイタル
第232回公演/火曜日の音楽サロンVol.41 奥村 愛 ヴァイオリン・リサイタル
中 孝介コンサート2018~もっともっと日本。~
  • ニュースレター
  • Facebook
  • Twitter
  • 茨木市役所
  • お問い合わせ

新内の楽しみ3~浄瑠璃と三味線が綴る、二つの愛の物語~

現在の位置
  • ホーム
  • 公演案内
  • 新内の楽しみ3~浄瑠璃と三味線が綴る、二つの愛の物語~
主催事業
カテゴリ: 音楽
発売中

新内の楽しみ3

公演チラシPDF

3回目となる新内の楽しみは、古典作品は道成寺もの「日高川入相花王」を乙女文楽の吉田光華をゲストに迎えて華やかにお送りします。 新作はちょうど当日が菊の節句、また、秋といえば月にちなんで、咲き乱れる菊の中で月に照らされて媼が語る物語「月の媼」を上演します。 併せて、お話と演奏による邦楽豆知識コーナーは、当日のお愉しみに!
 

公演情報

公演日 2018年 09月 09日(日)
開演時間 午後2時開演/午後1時45分開場
会場 茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)3F・304号室
料金 全席自由

1,500円

※茨木市観光協会、茨木市勤労者互助会、OSAKAメセナカード各会員は10%引き(割引は本人のみ。この取り扱いは財団窓口のみ。)
※就学前のお子様はご遠慮ください。
予約・購入方法 「インターネットで予約・購入」「電話で予約」「窓口で購入」
この公演をインターネットで予約・購入 ※購入にはユーザー登録が必要です チケット購入について

インターネットでご予約いただいたチケットはセブン-イレブンでご精算・受取いただけます。

発売日:8月7日(火)


発売初日はインターネット及び電話の予約受付のみです。
窓口での取り扱い(お支払い及びお引き取り)は翌日からです。

詳細情報

出演

新内志賀

新内志賀(しんない しが)

京都市生まれ。幼少期から江戸浄瑠璃新内節を研進派初代家元・新内志賀大掾及び新派家元・富士松菊三郎に師事。小唄を里園派宗家・里園志寿栄及び里園志寿華に師事。2012年研進派家元、並びに新内志賀の襲名を果たし、現在は一門の指導・育成に献身している。本名の重森三果名義では、さまざまな文学をもとに脚色した作品や自ら書き下ろした楽曲を、新しい試みをもって精力的に発表している。また数多くの映画・テレビ等において邦楽指導、演奏出演するなど多岐にわたって活動をしている。2014年文化庁芸術祭音楽部門優秀賞受賞。

 

乙女文楽(ゲスト):吉田光華(よしだ みつか)

3歳で日本舞踊若柳流に入門、12歳で名取になる。その後、乙女文楽・吉田光子に師事、吉田光華を襲名。長年培った日本舞踊の素地を生かし、伝統の上に独自の感性を重ね、義太夫はもとより、新内、長唄、常磐津、小唄、などの邦楽に合わせて、従来にない演目を振付け創作。 また落語、狂言、朗読、洋楽などさまざまなジャンルとのコラボレーションで、乙女文楽の新境地を開拓し幅広く活動。女性一人遣いならではの優雅で繊細な柔らかな動きが魅力と人気を呼んでいる。

http://otomebunraku.jimdo.com

新内志賀桜

三味線:新内志賀桜(しんない しがおう)

4歳から新内志賀に師事。2017年、東京藝術大学(長唄三味線専攻)卒業。現在、京都市立芸術大学(日本伝統音楽研究専攻)修士課程在学中。長唄を稀音家温子、東音新井康子に師事。

新内志賀日向

三味線:新内志賀日向(しんない しがひな)

13歳から新内志賀に師事。映画「沈黙」、テレビ「必殺仕事人」「大奥」「鬼平犯科帳」等の映像作品の三味線演奏に参加。舞台では国立文楽劇場、京都芸術センター、また京都を中心としたイベント等で演奏。

演目

◆新内浄瑠璃「日高川入相花王」
安珍清姫の伝説をもとにした道成寺もの。義太夫から新内に移した作品は「段もの」と呼ばれていますが、その一つです。 恋する安珍を追って日高川の渡し場にたどりついた清姫でしたが、船頭は川を渡してくれず、安珍への激情から怒りとなると清姫は日高川 に飛び込み大蛇と化身します。 女性一人で人形を操る乙女文楽の吉田光華をゲストに迎えての共演です。

◆新作新内浄瑠璃「月の媼」
旧暦9月9日は菊の節句として不老長寿を願い、菊の花を用いて祝っていました。その故事にちなみ、能の「三老女」を手本として、今日 の生命科学の進歩と生きることの本質を心に巡らせて創作したもの。 重い病にかかった女は、この世に一人残される子を不憫に思い、病の平癒を神仏に祈り、不老不死の菊の露を口にしますが、永遠の命を得 たばかりに全ての愛しい縁者にも先立たれてしまうのですが...。 月のみを友として過ごす媼の物語をお楽しみください。

主催・お問合せ

(公財)茨木市文化振興財団 TEL 072-625-3055

制作

アクティブKEI

ページトップへ

チケットのお申込み・お問合せ
072-625-3055(9:00~17:00)
施設利用のお問合せ
072-623-3962(9:00~17:00 )福祉文化会館事務所
072-623-3962(9:00~17:00 )クリエイトセンター事務所
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目6番16号
TEL:072-624-1726  FAX:072-625-3036