財団第219回公演/火曜日の音楽サロンVol.38 藤木大地カウンターテナー・リサイタル

現在の位置
  • ホーム
  • 公演案内
  • 財団第219回公演/火曜日の音楽サロンVol.38 藤木大地カウンターテナー・リサイタル
主催事業
カテゴリ: 音楽

終了しました

藤木大地カウンターテナー・リサイタル

公演チラシPDF

 

 火曜日の午後、音楽家とすごすティータイム―

Vol.36田部京子ピアノ・リサイタル ※終了しました
Vol.37宮田 大チェロ・リサイタル  ※終了しました
Vol.38藤木大地カウンターテナー・リサイタル

公演情報

公演日 2017年 12月 12日(火)
開演時間 午後2時開演/午後1時30分開場
会場 茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)センターホール
料金 全席指定

1公演2,500円
3公演セット6,000円
※セット料金は3公演一括購入いただいた場合のみ適用となります。
 なお、財団ネット及びその他プレイガイドでの取り扱いはありません。

※茨木市観光協会、茨木市勤労者互助会、OSAKAメセナカード各会員は10%引き(割引は本人のみ。この取り扱いは財団窓口のみ。)
※就学前のお子様はご遠慮ください。
予約・購入方法 「インターネットで予約・購入」「電話で予約」「窓口で購入」
この公演をインターネットで予約・購入 ※購入にはユーザー登録が必要です チケット購入について

インターネットでご予約いただいたチケットはコンビニ(セブンイレブン、サークルK、サンクス)でご精算・受取いただけます。

発売日:7月21日(金)

※1階席先行販売。1階席完売となった場合は2階席を販売します。


発売初日はインターネット及び電話の予約受付のみです。
窓口での取り扱い(お支払い及びお引き取り)は翌日からです。

詳細情報

出演

 カウンターテナー:藤木大地

2017年4月、オペラの殿堂・ウィーン国立歌劇場に鮮烈にデビュー。アリベルト・ライマンがウィーン国立歌劇場のために作曲し、2010年に世界初演された「メデア」のヘロルド役(M.ボーダー指揮)での殿堂デビューは、「大きな発見はカウンターテナーの藤木大地だった。あの猛烈なコロラトゥーラを彼のような最上の形で表現できる歌手は多くはない」(Der Neue  Merker)、「藤木大地はそのカウンターテナーで、説得力のある印象を残した」(Oper  in  Wien)、「藤木大地は芯のあるクリーミーな声のクオリティと、眩いばかりの音のスピンの力で、モダンオペラの化身となった。」(Parterre)、「藤木大地は難解なヘロルド役をわがものとしていた」(Salzburger  Nachrichten)など、現地メディアからセンセーショナルに絶賛されるとともに、音楽の都・ウィーンの聴衆からも熱狂的に迎えられただけでなく、日本人カウンターテナーとして史上初めての快挙として、日本国内でも大きな話題となっている。
最近では、16年に東京・春・音楽祭での紀尾井シンフォニエッタ(R.エガー指揮)との共演、Hakuju  Hall主催「音楽劇紀行」第一夜および第二夜への出演、兵庫県立芸術文化センターではブリテン「夏の夜の夢」(佐渡裕指揮)にオーベロン役で主演、没後20年を迎えた武満徹を特集して行われた第11回Hakuju  ギター・フェスタでは、荘村清志、福田進一との共演により「SONGS」を絶唱し、好評を博した。また、「題名のない音楽会」(テレビ朝日)での「死んだ男の残したものは」の歌唱は、全国的な話題となった。「第九」アルトソリストとしては、これまでに東京フィル(小林研一郎指揮)、日本フィル(藤岡幸夫指揮)、新日本フィル(園田隆一郎指揮)、仙台フィル(高関健指揮)、九州交響楽団(黒岩英臣指揮)などと共演している。
17年には第60回NHKニューイヤーオペラコンサートに4年連続出演したほか、大阪フィル(大植英次指揮)、日本センチュリー響(沼尻竜典指揮)、名古屋フィル、九州交響楽団(小泉和裕指揮)との「カルミナ・ブラーナ」テノールソロでの共演や、各地でのリサイタルなどが予定され、活躍はますますの充実をみせている。また4月には、待望のデビューCD「死んだ男の残したものは」(キングインターナショナル)がリリース。谷川俊太郎から「懐かしいリリシズムの新しい目覚め」と評された。バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーで国際的な活動を第一線で展開する、現在最も注目を集めるアーティストのひとりである。第19回松方ホール音楽賞受賞。第25回青山音楽賞青山賞受賞。
ウィーン国立音楽大学大学院(文化経営学)修了。

ピアノ:マーティン・カッツ

“現代最高の共演ピアニスト”(ニューヨーク・タイムズ)
“カッツは声楽伴奏の王道を創造する”(ワシントン・ポスト)
40年以上にわたり声楽伴奏者として世界中で活躍。共演者は、マリリン・ホーン、キリ・テ・カナワ、キャスリーン・バトル、ホセ・カレーラス、フレデリカ・フォン・シュターデ、チェチーリア・バルトリ、など数限りない。ミシガン大学ピアノ教授として30年以上にわたりピアノ共演法、声楽曲解釈などを教えるほか、米国有数の劇場であるミシガン・オペラハウスやサンフランシスコ歌劇場ではオペラの指揮者として出演。国外ではヘルシンキのシベリウス・アカデミーや日本の新国立劇場オペラ研修所に招かれ、若い声楽家たちの指導にあたってきた。1998年には、アメリカ最古の音楽雑誌「ミュージカル・アメリカ」で“Accompanist  of  the Year”(本年最高の伴奏者賞)を受賞 。

プログラム

ジョルダーニ:カーロ・ミオ・ベン
加藤昌則:てがみ
武満徹:死んだ男の残したものは
J.S.バッハ:満ち足りた安らぎ、いとしい魂のよろこびよ
バーンスタイン:シンプル・ソング「ミサ」より
ほか

※都合により曲目を変更する場合があります。予めご了承ください。

主催・お問合せ

(公財)茨木市文化振興財団 TEL 072-625-3055

後援

茨木商工会議所 茨木市観光協会

その他プレイガイド

ローソンチケット 0570-000-407(オペレーター対応)・Lコード予約 0570-084-005(Lコード:56458)
※ローソンの取り扱いチケットはローソン・ミニストップ各店舗で直接購入できます。 詳細

チケットぴあ Pコード予約 0570-02-9999(Pコード:330‐495)
※ぴあの取り扱いチケットは、サークルK、サンクス、セブンイレブン各店舗で直接購入できます。詳細

 

ページトップへ

チケットのお申込み・お問合せ
072-625-3055(9:00~17:00)
施設利用のお問合せ
072-623-3962(9:00~17:00 )福祉文化会館事務所
072-623-3962(9:00~17:00 )クリエイトセンター事務所
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目6番16号
TEL:072-624-1726  FAX:072-625-3036
E-mail:ibabunzai@proof.ocn.ne.jp