財団第216回公演/中西和久ひとり芝居「山椒大夫考」

現在の位置
主催事業
カテゴリ: 演劇

終了しました

中西和久ひとり芝居「山椒大夫考」

公演チラシPDF

 

森鴎外の名作「山椒大夫」の真実とは…?
中世の放浪芸・説経節
一千年の闇を貫き
今、蘇る。

「安寿恋しや ほうやれほう 厨子王恋しや ほうやれほう…」

PV公開中!

公演情報

公演日 2017年 10月 22日(日)
開演時間 午後3時開演/午後2時30分開場(上演予定時間:100分)
会場 真宗大谷派 茨木別院本堂
料金 全席自由(整理番号付き)

一般3,000円
65歳以上、障害者及びその介助者2,500円
24歳以下1,000円

※座席は高低2種の椅子席150席です。

※茨木市観光協会、茨木市勤労者互助会、OSAKAメセナカード各会員は10%引き(割引は本人のみ。この取り扱いは財団窓口のみ。)
※就学前のお子様はご遠慮ください。
予約・購入方法 「インターネットで予約・購入」「電話で予約」「窓口で購入」
この公演をインターネットで予約・購入 ※購入にはユーザー登録が必要です チケット購入について

インターネットでご予約いただいたチケットはコンビニ(セブンイレブン、サークルK、サンクス)でご精算・受取いただけます。

発売日:7月6日(木)


発売初日はインターネット及び電話の予約受付のみです。
窓口での取り扱い(お支払い及びお引き取り)は翌日からです。

詳細情報

出演

中西和久(京楽座)

劇団「芸能座」で俳優修業。 初舞台は1977年『浅草キヨシ伝』(作/井上ひさし・演出/小沢昭一)の川端康成役。 1986年より自作のひとり芝居『火の玉のはなし』(原作/組坂繁之)をもって全国行脚を始める。『しのだづま考』(演出/ふじたあさや)の演技で1991年度文化庁芸術祭賞を受賞。 同作品で、国際交流基金主催公演として韓国主要都市を巡演、東欧2ヶ国の国際演劇祭へ招待参加、1998年には新国立劇場開場記念賛助公演を務める。福岡県文化賞、松本市民劇場最優秀俳優賞、倉林誠一郎記念賞、2008年ロシア・エカテリンブルグ国際演劇特別賞などを受賞。同年、『しのだづま考』モスクワ芸術座公演で絶賛を博す。NHKBSプレミアム『心はものに狂わねど~中西和久説経節ひとり芝居』、NHKBSハイビジョン特集『作兵衛さんの炭鉱』。KBCラジオ『中西和久ひと日記』。福岡県文化賞、松本市民劇場賞最優秀俳優賞、倉林誠一郎記念賞受賞。著書「ひと日記~この人に会いたい」(海鳥社刊)ほか。京楽座主宰。

スタッフ

作・演出:ふじたあさや
音楽:平井澄子
説経節指導:二代目若松若太夫
音楽監督:高橋明邦
衣裳:中矢恵子
衣裳染織:甲木恵都子
照明:坂本義美
音響:鈴木 茂
鳴り物:松田光輝
宣伝写真:永石秀彦
題字:赤松陽構造
制作:月島文乃

ものがたり

 筑紫安楽寺(現在の太宰府天満宮)へ配流された父、岩城判官正氏を尋ねて、安寿と厨子王の姉弟は、母と乳母ともどもに奥州を立って長余の旅に出る。が、越後の直井の浦(直江津)で人買いの手に掛かった一行は二艘の船に乗せられて、母は佐渡島へ、安寿と厨子王は丹後由良の長者山椒大夫のもとへと売り分けられてしまう。
 涙に暮れる姉弟には過酷な労働が待っていた。二人は逃亡を企てるが、山椒大夫の息子三郎に立ち聞かれてしまい、額に十文字の焼印を当てられてしまう。そんな絶望的な日々の続くある日、安寿は弟と一緒に山に芝刈りに行くことを願い出る。雪がまだらに消え残った岩穴で安寿は厨子王を説き伏せ逃がす。ひとり館へ帰った安寿は火責め水責めの果て、やがて力尽きてしまうのだった・・・。
 国分寺のお聖の助けで追っ手から逃れた厨子王は、都へ上って参内し、丹後の守に任命される。錦を飾って由良に赴いた厨子王を待っていたのは、命を賭して弟を守った、姉の最期の物語だった。やがて母の行方を追って佐渡に渡った厨子王の耳に、眼を泣き潰した老女のかすかな唄声が届いてくる。
「安寿恋しや ほうやれほう 厨子王恋しや ほうやれほう…」

解説

『山椒大夫』の物語は、文豪森鴎外の小説で国民的文学となった。原作は中世の説経節の「さんせう太夫」だと言われている。鴎外の小説では安寿と厨子王が人買いに買われ、母とも生き別れになる美しくも悲しい物語だが、説経節は、それよりもだいぶ骨太な革命劇、祝祭感のある結末となっている。
 説経節の『さんせう太夫』は、歌舞伎をはじめ、さまざまな芸能に受け継がれてきた。佐渡の文弥人形、瞽女(ごぜ)唄、祭文など、そのいずれにもその土地土地、その時代の人々の思いが込められて少しずつ変形している。
 邦楽界の至宝と謳われた平井澄子の音楽が心に響く。『しのだづま考』(文化庁芸術祭賞)に続く、ふじた・中西コンビによる説経節ひとり芝居第二弾!
〈初演〉1996年

主催・お問合せ

(公財)茨木市文化振興財団 TEL 072-625-3055

後援

茨木商工会議所 茨木市観光協会

その他プレイガイド

ローソンチケット 0570-000-407(オペレーター対応)・Lコード予約 0570-084-005(Lコード:56437)
※ローソンの取り扱いチケットはローソン・ミニストップ各店舗で直接購入できます。 詳細

チケットぴあ Pコード予約 0570-02-9999(Pコード:458-648)
※ぴあの取り扱いチケットはサークルK・サンクス・セブンイレブン各店舗で直接購入できます。詳細

 

ページトップへ

チケットのお申込み・お問合せ
072-625-3055(9:00~17:00)
施設利用のお問合せ
072-623-3962(9:00~17:00 )福祉文化会館事務所
072-623-3962(9:00~17:00 )クリエイトセンター事務所
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目6番16号
TEL:072-624-1726  FAX:072-625-3036
E-mail:ibabunzai@proof.ocn.ne.jp