いばらきオペラ亭Vol.28《イル・トロヴァトーレ》

現在の位置
主催事業
カテゴリ: 音楽

終了しました

いばらきオペラ亭Vol.28《イル・トロヴァトーレ》

公演チラシPDF

 

これであなたもオペラ通!初めての方でも楽しめる、解説つきコンサート♪

公演情報

公演日 2017年 05月 27日(土)
開演時間 午後2時開演/午後1時30分開場
会場 茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)センターホール
料金 全席指定

1,800円

※茨木市観光協会、茨木市勤労者互助会、OSAKAメセナカード各会員は10%引き(割引は本人のみ。この取り扱いは財団窓口のみ。)
※就学前のお子様はご遠慮ください。
予約・購入方法 「インターネットで予約・購入」「電話で予約」「窓口で購入」
この公演をインターネットで予約・購入 ※購入にはユーザー登録が必要です チケット購入について

インターネットでご予約いただいたチケットはコンビニ(セブンイレブン、サークルK、サンクス)でご精算・受取いただけます。

発売日:2月3日(金)


発売初日はインターネット及び電話の予約受付のみです。
窓口での取り扱い(お支払い及びお引き取り)は翌日からです。

詳細情報

プログラム

G.ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》※原語抜粋

出演

レオノーラ:水野智絵

マンリーコ:二塚直紀

ルーナ伯爵:木村孝夫

アズチェーナ:橘知加子

ルイス/ナビゲーター:清原邦仁

市川麻理子

ピアノ:市川麻里子

ものがたり

 第一幕

 15世紀のスペイン、アラゴン地方。先代のルーナ伯爵には二人の息子がいた。弟が病弱なことについて、あるジプシーの老婆が呪いをかけた嫌疑をかけられ、火刑に処された。それと同時に弟は行方不明となり、火刑台から子供の白骨が発見された。ルーナ伯爵はその白骨が弟であることを信じず、今でもその行方を捜している。

 それから20年後。吟遊詩人のマンリーコは、アラゴン公女の侍女レオノーラと互いに愛し合っている。レオノーラが闇夜に紛れ彼を待っていると、同じくレオノーラを愛する伯爵が現れ、暗さゆえにレオノーラは伯爵に抱きついてしまう。そこにマンリーコが現れ、伯爵は彼女の様子からすべてを察し、マンリーコに決闘を挑む。

 第二幕

 ジプシーの一団が陽気に酒を酌み交わし、鍛冶の仕事に精を出している。マンリーコの母親であるアズチェーナは昔話を始める。「母親が火刑に処せられた時、自分は伯爵の子供を誘拐して火にくべた。しかし気付いてみるとそれは自分の実の息子だった」と話す。「では自分は一体誰なのだ」と疑いを持つマンリーコにアズチェーナは「お前は私の子だ。伯爵に復讐してくれ」と焚きつける。

 マンリーコが決闘の末、死んだと勘違いしたレオノーラは修道院入りを決意する。そこへ彼女を連れ去ろうと伯爵が現れるが、山中に潜んでいたマンリーコが現れ、レオノーラと共に逃げ去る。

 第三幕

 逃げたマンリーコをおびき寄せるため、伯爵はアズチェーナを捕らえ、火刑にかける準備を進める。そのことを知らないマンリーコとレオノーラは礼拝堂で結婚式を挙げようとするが、部下の伝令により母親の危機を知り「命をかけて母親を救う」と叫んで飛び出していく。

 第四幕

 伯爵の罠にはまり、マンリーコは捕えられてしまう。レオノーラは我が身を捧げるのと引き換えに愛するマンリーコの助命を伯爵に願い、承諾を得ると隠し持った毒を仰ぐ。レオノーラは牢獄のマンリーコに命が救われたことを伝えるが、マンリーコは彼女が伯爵に身を許したと疑い、その不貞を責めるが、毒がまわってきた彼女は「他の人に添うよりも死を選びました」と告げて、彼の胸に倒れる。そこへ現れた伯爵はレオノーラに図られたことを怒り、マンリーコを断頭台に引き立てる。牢獄からマンリーコの処刑を見たアズチェーナは、狂ったように伯爵に「あれはお前の弟だ。母よ、私は復讐を遂げた」と叫んで息絶え、ルーナ伯爵はただ呆然と佇む。

主催・お問合せ

(公財)茨木市文化振興財団 TEL 072-625-3055
茨木市音楽芸術協会

後援

茨木商工会議所 茨木市観光協会

その他プレイガイド

ローソンチケット 0570-000-407(オペレーター対応)・Lコード予約 0570-084-005(Lコード:55387)
※ローソンの取り扱いチケットは、ローソン・ミニストップ各店舗で直接購入できます。 詳細

ページトップへ

チケットのお申込み・お問合せ
072-625-3055(9:00~17:00)
施設利用のお問合せ
072-623-3962(9:00~17:00 )福祉文化会館事務所
072-623-3962(9:00~17:00 )クリエイトセンター事務所
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目6番16号
TEL:072-624-1726  FAX:072-625-3036
E-mail:ibabunzai@proof.ocn.ne.jp